納骨堂に必要な費用

wooden altar

何よりも気になるのが、納骨堂にかかる費用です。土地や墓地は必要ないので、お墓を建てるよりも安価で済みます。安くなるとはいえ、費用がかかることに変わりはありません。どの場所にどのくらいかかるのかを見ていきましょう。
納骨堂を利用するのにかかる費用は、納骨堂の使用料や管理費です。使用料というのは、納骨堂を使用するための費用で、お墓の永代供養と似たものです。管理費は、納骨堂を維持するための費用のことで、電気代や冷暖房設備にかかるものです。こちらは年間管理費として支払うことが多いようです。その他、場所によっては細かな費用が発生する場合がありますので、十分注意して下さいね。この費用は、タイプの違いや、遺骨をどのくらい収めるのか、供養する年数によっても変わります。
また、納骨堂に入る前の納骨式にも費用はかかります。納骨式では僧侶に読経してもらうため、そのお礼としてお布施をお渡しします。その金額は地域差はありますが、2万円〜5万円ほどで一般的には3万円前後が相場となっています。さらに、お供えものとしてお花や野菜、果物、お菓子、お酒などの用意も必要です。さらには、浄土真宗以外の宗派の場合塔婆料を立てたり、納骨式に来てくれた方への引き出物や会食代など、意外と多くの場所に費用がかかるのです。
そして気になる納骨堂にかかる費用。安い場所で30万円前後、高い場所で150万円〜200万円程です。お墓には150万円前後かかりますので、やはりお墓を建てるよりは安い値段でおさまるようです。

Copyright © 2016 納骨堂について把握して、理想のお葬式を実現してみよう. All Rights Reserved | Design by W3layouts