様々なタイプがある

sanctuary

近年、少子高齢化がますます進んでいます。それに伴い墓地不足にも悩まされています。都市部では墓地がほぼ満杯となってしまっていますが、住民や行政の規制により新しく墓地を建てることは難しくなっています。また、お墓を買っても後継者がいないから買わないという人もいるようで、都市に建てても景観を損ねない納骨堂が増えています。
その納骨堂の内部は、遺骨が並んでいるとは思えない美しさの建物ばかりです。お墓と違い、自分たちで掃除を行わなくてもいいのでとても助かりますよね。そんな納骨堂には、一番重要な遺骨を収める場所に様々なタイプが存在しています。それぞれに特徴があるので、いくつかご紹介していきます。
まず、棚式。こちらは、棚に骨壷を置いて安置します。昔から取られていた方法なので、一番馴染みやすい方法なのではないでしょうか。似たものに、ロッカー式があります。骨壷をロッカーのような場所に収蔵し、お参りの際はスタッフの方に出してもらえることが多いようです。駅にあるコインロッカーに上質な飾り付けがなされたもの、といえばイメージしやすいと思います。都会では、省スペースですむこのロッカー式が特に愛されているようですね。
次に、仏壇式。寺院によくあるようなタイプで、上段に位牌、下段に遺骨が収められるものです。本尊、焼香具、花入れ、燭台など必要なものは用意されているのでお参りはしやすいと思います。
そして、最新式の技術を生かして作られたのが機械式です。機械式は、お参りに訪れた人の下へ機械が遺骨を運んでくれます。操作も専用のカードを使って行うので、大切な故人の遺骨を盗まれる心配もありません。
それぞれの納骨堂で、様々なタイプのものが採用されています。納骨堂へお参りに行く自分たちのことも大事ですが、故人が楽に休める方法はどれかを考えて決めることも大切です。

Copyright © 2016 納骨堂について把握して、理想のお葬式を実現してみよう. All Rights Reserved | Design by W3layouts